ゼニカルの油漏れ問題【仕方ない・・・】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼニカル・油漏れ問題・・・

ゼニカルを服用する限り付いて回るこの「油漏れ」の問題・・・

みんなそうなの?仕方が無いの?

そんな油問題を解説します(笑)

油漏れはどの程度?

油漏れの危険はゼニカルを服用すれば必ずあります。

ゼニカルの服用中は便に油が混じるだけではありません。

お腹がゆるくなり、急激な便意が起こることが多々あります。

※ストッパを飲んでも効きません・・・

「おなら」「くしゃみ」や、何か重いものを持ったりしてお腹に力を入れた時、普段と違いそこで漏らしてしまうことがあります。
職業柄重い物を運んだり会議が多かったり、トイレに中々行けない方は、ゼニカル服用中にはナプキンやおむつで身を守りましょう。
油混じりの便が出るということは、薬が効いているということですから、油漏れはある程度覚悟しておく必要があります。

油漏れ対策3か条

  • 重たいものは持たない
  • おならやくしゃみはなるべくトイレでする。
  • 会議などでどうしてもトイレにいけない状況ではおむつかナプキンを着用する。

気休め程度の自衛策になってしまいますが、ゼニカルを服用中はこれらに気をつけるようにしてください。

油漏れの最高レベル

これは、自分の意識とは関係なく気づいたら垂れ流してしまっているという状態です。

これはゼニカルを長期間服用し続けた場合に発生することが多いようです。基本的には服用を続けて三か月以内に発生しますが、症状が出てから1週間、長ければ4週間で症状は軽減してきます。

しかし、体質に合わなかった場合などの理由で半年以上この症状が続く可能性があります。

 

油漏れまとめ

強い症状が発生した場合には、服用をやめましょう!

排便機能に関する後遺症は無いようですから、薬の成分が体内から完全になくなれば、症状は数日程度で無くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

このブログの書き主のご紹介

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。